節約で世界を変える

ブログ名の通りです。僕は、この社会はこの日本の社会はおかしいな、と思っています。お金なんて本来いらない。少なくとも、みんなが期待しているほどお金などいらない。お金などほとんどなくても楽しく生きていける。その可能性はある。少ないお金で暮らしていけるのなら、毎日毎日、長い時間かけてお金のために働く必要もないだろう。お金にこだわらず、少ないお金で楽しく生きていく方法を仮に、「節約」と呼ぼう。(僕の本心では、節約って言葉より、「質実」とか「こだわりの少ない」とかで表現したのだが、それだとわかりにくだろうから。)そ

社会とか

支出と収入と家畜にまつわる思考実験。

牛を殺したり、馬を殺したり、鳥を殺したり、豚を殺したり、山羊を殺したりするのは、きっと、こうした家畜たちを育てるのに、少なからず、おかねがかかるようになったから、なのだろうなあ、と思う。つまり、家畜を屠殺する食肉文化と、貨幣文化は、なかな…

メモ書きのメモ書き 一人訓詁学解釈学 貧しさと豊かさについての何か。

逆説的なんだけれど、以下のようなことを、つい先達て考えた。ここ数日、新しい仕事が始まり、メモ書きにとどめていた発想だ。以下、思いついた際に作成した、メモ書きである。 「貧しくなれば豊かになる、んじゃないかなあ。 みんなが車に乗らなくなれば、…

人々の好みへの違和感。

以下の記述は、僕自身にも部分的に当てはまるものである。でも、同時に、僕は、以下の事柄に対して、多少なりとも違和感を感じている。以下、主にこの日本社会を観察して、僕が変だな、と感じることの列挙です。ただ、以下の列挙は、ここ最近、僕が思いつい…

怒りと慈悲の生成関係

怒りと慈悲。 以下メモ書きみたいなもの。というのも、いま、夏の昼日中。暑くて、長文を書く気になれないのだ。 以下で主張したいのは、仏教でいうところの慈悲は、怒りの感情を前提に要請される感情なんじゃないかなあ、ということ。仏教の専門知はないの…

馬鹿と悪 または死刑制度批判

馬鹿と悪について。あるいは、僕が死刑制度に反対する理由。 なぜ、人は大犯罪を犯すのか。なぜ?理由は簡単であろうと思う。というより、すでに一行目にて露わになっている。それは、犯罪を犯す人間が、とんでもない馬鹿だから、である。 細かい検証は避け…

ぼんやりとテーマを決めた上での、自由連想的な思考。幽霊考。

ちょっと素朴な疑問なのだけれども、なぜ、紙が石を包んだら、勝ちなんだろう(じゃんけんの話)。 別の見方をすれば、紙より石の方が、同じ条件下でなら、より長い期間より現状をとどめそうである。 紙とは儚いものである。水に濡れた染みるし。 にしても、…

教材考

教材という言葉について。 教材。多分、教育材料とかの略なのかなあ、と思う。僕は、この言葉が嫌いである。嫌い、というか、この言葉だけ、であることが気にくわない。まあ、そもそも、教育自体が、気にくわない、といのもあるんだけれど。 なぜ、教材って…

倫理について

道徳と倫理教育について。ふっと思ったことなのだが、学校等で、道徳や倫理を教える際、まずはじめに、きちんと、道徳と倫理とはなんであるか?から教育を始めているのだろうか? 定義から、物事を始めるのは結構大事だ。じゃないと、根本的なところで、誤解…

みみずと仕事

仕事について考えている。同時に、みみずについて考えている。みみずってかわいいなあ、と。 しかし、仕事について考えることとみみずについて考えることは、僕にとっては同次元の思考である。仕事について考えを深めて、社会をよりよくしていくことも、みみ…

付喪神と自動車

付喪神について書こうかな、と思う。今朝の散歩中に思いついたこと。半分冗談であると書き添えておく。 時折、とても乱暴に自動車を運転する人がいる。あるいは、こういう話をたまに聞く。「自動車に乗ると人が変わる」こういうことは実は僕も体験がある。僕…

書きながら考える「殺伐とした雰囲気」の生成原理について。他。

「殺伐とした雰囲気」について研究してみようかと思う。といっても、僕の場合、研究=文章を書くことである。頭の中であれやこれや、考えても良いのだけれど、ある程度テーマを決めた上で、あれやこれやと文章を書くこともまた、研究たりうると思っているの…

サービス業ってなんだろう?

サービスってなんなのだろう。結局のところ、みんなが、自分たちで自分たちのことをできるのが、最高じゃないか。 例えば、今、鼻うがいをしながら、ふっと思いついた例。シェアハウス。シェアハウスを運営する会社がある。みんなで共同で暮らしたい人たちに…

ブランド(品)考

ブランド(品)は、格差を是正する。 ここでいう、ブランド品とは、例えば、エルメスやグッチなど。あるいは、僕は、車に乗らないのでよく知らないのだが、メルセデスベンツとか、そういうもののこと。 まあ、簡単な話である。例えば、僕が、近所の100均で荒…

異世界転生と仏国土

ふっと、異世界旅行について考えていた。ライトノベルとか漫画とかでよくある設定というか展開である。ひょんなきっかけから、異世界へ来てしまった。 異世界転生というのは、まあ、ある意味現世とでもいうのか、この社会の否定である。こんな社会嫌だから、…

ハラスメントについて、僕のまとめ。(+環境から自然発生するハラスメント)

環境から自然発生するハラスメント。ってことを書こうと思う。僕は、ハラスメントについては、なかなか理解が深い。安冨歩先生の著作などから学んでいるのだ。とはいえ、以下で述べることは、あくまでも、僕の理解である。 ハラスメントというのは、まあ、簡…

学校について

学校を作りたい、と思っている。ただ、想像上の学校を、である。 我ながら、わけわかんねえなあ、と思う。 なんと言いますか、校舎があって、校庭があって、先生たちがいて、用務員の先生もいて、教頭がいて、校長がいて、生徒がいて、PTAがあって、保護者が…

拷問と宿題の類似性について

以下に述べることに、特に根拠はないです。以下、昨日、ふっと思いついた僕の宿題についての認識。 昨日、ふっと、宿題って拷問だ、と思いついた。 いや、拷問と宿題って全然違うだろう、とも思うのだが、宿題と拷問、この両者の間には、その形式、その効用…

日本共産党の駅前演説を立ち聞きして(その感想と批判)

昨日、駅前で、日本共産党の方が演説(?)呼びかけ(?)を行っていた。実を言うと、僕は、基本的に共産党を支持政党としている。また、選挙とは無関係な時期に、こうして意思表明をされているのは、やはり共産党のすごさだと思う。ただ、個人的に気になる…

倍率の幻想性について(後半話逸れる)

倍率って幻想だって、ことを書きたいな、と思う。 倍率って幻想だ。まあ、この一言が、結論なわけで、一行目を読んで、だいたい内容の掴めた人は、後の文章は読まなくてもいいかもしれない。 僕たちは、高校受験とか、大学受験とか、就職試験とかで、倍率を…

カラスのいいところ+α

カラスのいいところって、沢山ある。実益を得ることもあれば、精神的に支えになってくれることもある。けど、一方で、カラスのことを一方的に嫌う傾向が人々にはある。それはいわば、親から子へと受け継がれた、常識のようなものだ。常識ってのは、疑ってか…

幼稚園や保育園について(机上の空論だけれど)

幼稚園や保育園が足りないってニュースをよく聞くんだけれど、本当かな?って思ったりする。 いや、事実、幼稚園や保育園に入りたくて入れず困っている方はいるんだろうと思う(現在では多少改善したのかもしれないけれど。けど、その反面、小さな園内に多数…

小学校、中学校について(実体験を交えながら、現時点での私見)

結論、中学も小学校も基本的にいかなくていい。 理由、日本という国では、仮に小学校に二年、中学校に半年くらいしか登校しなくても、自動的に、卒業資格を授与してくれるから(僕の実体験である。不登校だったんですね。) 高校編でもちょろっと書いたんだ…

高校について(今のところの私見)

結論として、高校は行かなくていいだろう、と思う。 理由、大学受験に必要な、高校卒業資格は、「高校卒業程度資格認定試験」で取得可能だから。 しかも、この試験、(うろ覚えなのだが)二、三日の日程の試験に合格すれば取得可能である。 一ヶ月も勉強すれ…

大学について(今のところの私見)

以下、僕が、現在、大学について考えているあれやこれやを以下にまとめます。とはいえ、以下で述べることは、僕がかつて学生だった頃、行っていたこと、ではありません。部分的に行っていたこともあるのだけれど、今、学生時代から数年経って、平静に冷静に…

常識やマナーについて。

常識やマナーは人間の能力を束縛する方向に、働きかねないから、好きじゃない。 例えばの話、二十メートル先のゴミ箱に、百発百中、クズゴミを投擲できれば、それって能力だし、天気予報を一切見ずに、二、三日先の天気まで予見できるってのも能力だと思うの…