節約で世界を変える

ブログ名の通りです。僕は、この社会はこの日本の社会はおかしいな、と思っています。お金なんて本来いらない。少なくとも、みんなが期待しているほどお金などいらない。お金などほとんどなくても楽しく生きていける。その可能性はある。少ないお金で暮らしていけるのなら、毎日毎日、長い時間かけてお金のために働く必要もないだろう。お金にこだわらず、少ないお金で楽しく生きていく方法を仮に、「節約」と呼ぼう。(僕の本心では、節約って言葉より、「質実」とか「こだわりの少ない」とかで表現したのだが、それだとわかりにくだろうから。)そ

節約術

シェアハウスと通い婚 および家族観の拡張または、家族よりも部族へ

僕には、この世界は狂っているように感じられる。で、これまでの記事は、主に、その狂いっぷりを批判してきたのであるが、とはいえ、狂っている、狂っている、と名指しで呼ばわっても、必ずしも、改善はしないだろう。というのも、誰か特定の個人によって狂…

支出と収入と家畜にまつわる思考実験。

牛を殺したり、馬を殺したり、鳥を殺したり、豚を殺したり、山羊を殺したりするのは、きっと、こうした家畜たちを育てるのに、少なからず、おかねがかかるようになったから、なのだろうなあ、と思う。つまり、家畜を屠殺する食肉文化と、貨幣文化は、なかな…

睡眠と瞑想とか。

泊まり込みや夜勤などで睡眠量が不足したり、眠りが浅くなったりする人に向けて。 瞑想を活用するといいよ。 まあ、うーん、いろいろ思うところはあるのだが、睡眠不足の際、瞑想はなかなか使える。 例えば、電車やバスでの移動中、あるいは、仕事合間の休憩…

損得勘定を拡張解釈する。 付、報酬量一定の法則(仮説)

会社を超えた、損得勘定を持ちたい、と願う。実際のところ、だいたい概ね、会社を超えた損得勘定で動けている、と思う。 世の中には、ひどく視野の狭い、簡単に言えば、頭の悪い状態で、一所懸命に仕事に没頭としている人が、大半で、悲しい。かわいそうなの…

食事の快楽について。 食べているつもりになる。

食事の快楽について。 僕たちには、食欲があり、また、食事に快感を求める人は割合多い。美味しいものを食べたい、とか、珍しいものを食べたい、とか、エネルギー摂取以上に、おいしさをもとめる場合のことだ。食事を通して快い気持ちを味わいたい、とでも言…

メモ書きのメモ書き 一人訓詁学解釈学 貧しさと豊かさについての何か。

逆説的なんだけれど、以下のようなことを、つい先達て考えた。ここ数日、新しい仕事が始まり、メモ書きにとどめていた発想だ。以下、思いついた際に作成した、メモ書きである。 「貧しくなれば豊かになる、んじゃないかなあ。 みんなが車に乗らなくなれば、…

散歩とタイプライター

散歩を楽しむ方法。 簡単である。頭の中に、好きなものをぶち込むのである。 子供の頃は、よく頭の中にテレビをぶち込んでいた。で、歩きながら、そのテレビを眺めるのである。よく見ていた番組は、ドラえもんとクレヨンしんちゃん。面白いことに、その頭の…

ブランド(品)考

ブランド(品)は、格差を是正する。 ここでいう、ブランド品とは、例えば、エルメスやグッチなど。あるいは、僕は、車に乗らないのでよく知らないのだが、メルセデスベンツとか、そういうもののこと。 まあ、簡単な話である。例えば、僕が、近所の100均で荒…

台風が来た。 夏の過ごし方(経過報告)

台風が来た。 僕は、だいたい一年くらい前のことは忘れてしまうので、去年以前の台風についてほとんどの記憶がない。 というわけで、現在、台風に感動している。 台風って、こんな涼しいんだなあ、と。夏場でも、台風がやってくると、途端に過ごしやすくなる…

料理について(あくまで個人の意見。男性一人暮らしに最適化した内容かもしれない)。

料理について書こうと思う。というのも、僕が考えて実際に行っている料理と、世間一般で信じられている料理像とが、大きく異なっているからだ。別に、どちらの考え方が正しい、という問題ではない。ただ、僕には僕なりの考えがあり、で、その考えに基づいて…

即席、自宅拡張方法とあとなんか

自宅をリフォームとか増築なしで拡大する方法をこの間思いついた。しかも、五、六分もあれば、簡単に実行可能な方法である。 1)玄関にある靴類を全て、玄関扉の外へ放り出す。終わり。 別に放り出さなくても、丁寧に並べてもいいんだけれど。 要は、玄関を…

穴場探し

そろそろ節約術っぽいものも書いておこう。 穴場を探すということ。 穴場、というのは、僕の定義なんだけど、簡単にいうと、大半の人が気づいていない、いいところ、である。この「ところ」というのは具体的な場所を指す場合もあれば、行為だったり概念だっ…

今週の買い出し

久しぶりに、買い出しの写真を撮った。 定期的に撮ると、現状把握に役立つなあ、と感じています。 どん。 暗くて不明瞭かもしれませんが、7158円分の食材です。これだけ抱えてスーパーから帰宅したので、手がちょっとじんじんしてます。 実は、今日は、…

節約小ネタ集

細かい、節約について、書こうかな、と思う。小ネタ集みたいな感じです。 ・テッシュペーパーは要らない。 僕は、テッシュペーパーを半年以上使用していない。じゃあ、何で代用しているのか?もちろん、トイレットペーパーではない。タオルである。柔らかめ…

節約の可能性(ですます調)

何を書こうと思ったのだっけ。忘れてしまった。 ああ、そうだ。節約と行政について。 僕が節約について掘り下げて考えて行きたいのは、1)節約って思考が、身近で親しいやすいから。2)節約って発想は、実は、僕たちが普段想定している以上に射程が広く汎…

夏の過ごし方(これから、選択可能な戦略)

僕は、今のところ試していないが、これから試そうと思っている、夏対策。アイデアノートみたいなもの。 ・休日は十一時~十五時まで、図書館で読書タイムにする。 十二時から十四時の一番ホットな時間を避けるのが目的。 ・屋外で寝てみる。 多分、これが一…

夏の過ごし方(暑さをいかにしのぐか)

正直言って、僕は、暑さ寒さが苦手である。気温が高くなって汗がダラダラ出るようになると、もう、同にでもなれ、とばかりに、投げやりな気持ちになってしまうのである。寒くなっても同様である。 ここ二日間、湿気も高く、気温も高く、かなりやられてしまっ…

よもぎを食べる。

近所の公園より、よもぎを二束ほど採集。その日のうちに晩餐に供する。以下、その経過とか感想とか。 まだまだ葉が小さく旬ではない模様。これから大きくなるんだろうか。味見がてら生で齧ってみるのだが、思っていたより歯ごたえと苦味があり、さっと湯通し…

よもぎ茶

喉が渇いたので、よもぎ茶を飲んでみた。 僕の考えでは、お茶って、要は嗜好品(水分補給が目的な水を飲めばいいわけだから)だ。で、その嗜好品は、ちょっとした観察力と発想で、自然からタダで入手可能である。ありがたい。 少し粉っぽく、とろみのある飲…

昼ごはんに、もち

先ほど、餅をついた。 つきたての餅を、昼ごはんに食した。 おいしかった。 毎日のように餅をついて、餅を食しているわけではないけれど、 僕は、週に一度ほど餅をついて、その場で、味噌とかきな粉とかをまぶして食べている。 つきたてだから、柔らかくて、…

晩ご飯にスイカ

果物が食べたくなったので(二分の一カットのメロンが目当てだったのだが、売り切れていた)。 どこでもそうなのか知らないけど、僕の近所のスーパーは午後六時くらいになると、カット売りしている果物が値引かれる。 晩ご飯にちょうど良い時間帯。三百円ち…

いつもの買い物

僕は買い物が好きである。なんの買い物かというと一週間分の食材である。先ほども行ってきた。それなりの分量となり、一人で持ち帰るには、そこそこ重たいのだが、食材を選んでいるときも、精算を済ませている時も、帰宅途中も、楽しくてたまらない。なぜ、…

マッチポンプについて

マッチポンプという言葉があって、この言葉はとても便利である。世界や自分自身を振り返る時、なるほどなるほど、と理解が深まる。理解が深まる、というより、無意味な頑張りを取り除くきっかけになり、肩の力が抜ける。 マッチポンプというの一つの比喩であ…

節約についてのちょっとした私見

節約ってなんだろう。節約の対義語は、おそらく浪費である。とどのつまり、浪費をやめれば、結果自動的に、節約が実現される。 金の節約にしろ。時間の節約にしろ。体力の節約にしろ。その他諸々の節約にしろ。そういうものなのだ。 僕の個人的な印象だと思…