こっち

新しいブログを別サイトで始めた。棲み分けが必要だ。こんがらがった毛糸をぶちぶちとちぎって、あっちとこっちにわけよう。こっち側。

日記

昨日は、思い切り落ち込んだ。落ち込みながら日記を書いて、落ち込みながら母に電話をした。そのためか、少し気分が晴れている。正直、落ち込んでいる時って、どうして気持ちが沈んでいるのか、理屈では理解できない。それこそ、台風で低気圧が続いている、とか、湿気が不快とか、そういう外的な要因も大きいのだと思う。その反面ん、天候の変化で気持ちが沈むってことは、これまで僕は、なんらかの感情というか鬱憤というかを溜めていたのだろう、とも思う。よくわからないんだけれど。

日記を書くと気持ちが静まるので、今朝も日記を書く。日記として書く文章は、基本的に、後で読み返すことはないし、誰かに伝えたいって気持ちもほとんどない。そもそも、今は、気持ちが落ち込んでいるのだから、こんな僕が何か人様の役に立てることをかけるなどと、思えない。いろんなことをしてきたし、いろんなことを知っているつもりだ。でも、全然足りない。こんな中途半端な人間に、人に伝えられることってあるのだろうか。

そういえば、昨晩は、どくだみ茶を飲んだ。ここ一年ほど、僕は、自分でできることは自分でやりたい、って指針を持っている。どくだみ茶も、そう。市販の茶葉を使ったのではなく、近所の草原から摘んできたどくだみの葉を日陰にて乾燥させておいた。連日の雨で少し湿っていたのだけれど、昨日、ふっと飲みたくなって、湯を沸かした。実をいえば、どくだみ草で茶を抽出するのは、これが初めてである。どんな味なのか、まずくてもとりあえず飲もう、と思って作った。が、特に苦味なく、美味しく飲むことができた。どくだみの独特の匂いも、乾燥させるうちに消えていた。不思議なものだ。薬効などはしらないのだが、根拠もなく体に良さそう、という感じがした。以前、どくだみ草が繁茂しているエリアを見つけたので、そこからまた、採集してこよう。いずれ、ブログに書こうと思うテーマなのだけれど、お茶に適した野草の知識があれば、そこらへんの通り道が全て茶摘み畑になるはずである。春になればたんぽぽ。雑木林からは、熊笹、みたいに、飲みたい茶を手軽に採集できるはずだ。通勤通学路が、簡単に茶摘み畑に変貌してしまうんだってことを、いつか一つの文章として書く予定だ。僕自身が、もっと色々なお茶を採集したら、それらの味や採集場所の見つけ方も含めて文章にできたらな、と思う。未来の予定を書くと、落ち込んでいた気持ちも、少しずつ晴れるようだ。

その反面、もう少し落ち込んでいたいな、とも思う。今日も雨だ。今日あたりから晴れると思っていたのだが、台風一過はこないようだ。雨台風は長引くから嫌いだ。梅雨なんだから、こういうものだ、とも思う。雨が連日振ってくれるおかげで、気温はかなり低い。夜、保冷剤を使用しなくてもいいほどだ。これは、とてもありがたい。でも、そろそろ晴れ間が欲しい。洗濯物が乾かないってのもあるんだが、この頃、あまり屋外を出歩いていない。

ここしばらく、吹き出物ができていたのだが、ようやく回復期に入った。吹き出物が少しずつ小さくなりつつある。考えてみると、この吹き出物は、僕の気持ちが落ち込む少し前に出現した。精神的なものだったのだろう。体は素直だから、自分がどういう気持ちなのか、体を見たら、だいたいわかる。

正直、僕は、今、人と会いたくない。人とあっても、その人のエゴ、というか、常識を一方的に押し付けられるだけじゃないか、って気持ちになるのだ。分かり合える友人と一緒に過ごしたい。自分で自分の仕事を作りたい。そして、それを友人と一緒に分かち合えたらなあ、と思う。どんな仕事を作りたいんだろう。ゲストハウス?この都市に必要なものってなんだろう。

少し雨脚が弱まってきた。鳥の鳴き声もちらほら聞こえる。カラスの声は聞こえないから、すぐに雨が止むってわけでもないのだろう。カラスは、その日その日で、鳴き声が聞こえて来る場所が異なる気がする。おそらく、その日の天候だったりによって、寝床を変えているのだろう。鳥は不思議だ。子供を育てるために巣を作る。けど、子育てしていない間は、どういう風に夜をしのいでいるのだろう。もしかしたら、独身用の巣も作るのかもしれないけど、何と無く、イメージとしては、一人木にしがみついて眠っていそうだ。すごいな、と思う。寒くないのだろうか。鳥の鳴き声が、大きくなった。これは、雨が止みそうだ。嬉しい。明日か明後日あたり洗濯カゴが使用済みの衣類でいっぱいになる。それまでに、今干している衣類が乾いてくれればな、と思う。

この頃、毎日何がしらかのやらなければならないことに追われている。追われているってほど多重なタスクではないのだが、何かしらやることリストが埋まっている。ハローワークで失業保険の申請、だとか、履歴書の作成アンド投函だとか。今日も、四、五個ある。仕事をしていた頃は、休みの日は、休みの日で、自由に予定を決めていたのだが、この頃は、仕事をしていないことに負い目を感じているのだろう、何かしからのやることを設定している。まあ、先送りしないほうがいい。ただ、自らやることリストを補充していくのはどうなんだろう。どこからともなく、これやろう、あれやろう、とやることを見つけて来る。知らず知らずのうちに活動的。でも、気持ちは沈みっぱなし。面白いアンバランス。

カラスの鳴き声が聞こえてきた。カラスっていいよなあ、とこの頃思う。格好いいし、たくさん仲間がいる。それなりに体も大きいし、空も飛べる。何より、全身黒ずくめなところがいい。

早いけど、バナナが食べたくなった。今日は、この辺で。