節約で世界を変える

ブログ名の通りです。僕は、この社会はこの日本の社会はおかしいな、と思っています。お金なんて本来いらない。少なくとも、みんなが期待しているほどお金などいらない。お金などほとんどなくても楽しく生きていける。その可能性はある。少ないお金で暮らしていけるのなら、毎日毎日、長い時間かけてお金のために働く必要もないだろう。お金にこだわらず、少ないお金で楽しく生きていく方法を仮に、「節約」と呼ぼう。(僕の本心では、節約って言葉より、「質実」とか「こだわりの少ない」とかで表現したのだが、それだとわかりにくだろうから。)そ

睡眠と瞑想とか。

泊まり込みや夜勤などで睡眠量が不足したり、眠りが浅くなったりする人に向けて。

瞑想を活用するといいよ。

まあ、うーん、いろいろ思うところはあるのだが、睡眠不足の際、瞑想はなかなか使える。

例えば、電車やバスでの移動中、あるいは、仕事合間の休憩時間、ひたすら瞑想するのである。僕の体感では、だいたい瞑想を一時間すると、二時間くらい眠った感じがする。つまり、しっかりと睡眠時間が取れない場合、瞑想で睡眠の代補が可能なのである。

もちろん、瞑想は一種の修行であり、ちょっと大げさなことばになるが、悟りを開き、自分を含めた衆生を救済するために、行うことなのだろう、と思う。

ただ、現実問題、眠りが足らず、苦しいなら、一つの対応策として瞑想を活用しても、怒られないかな、とも思うのだ。うーん、やっぱり、ダメかなあ。

瞑想を睡眠の補填として活用する際、良いところは、いくつかある。1)基本的にどこでもできる。2)睡眠時と違って、姿勢が歪まない。3)その他色々。

2)は、例えば、電車内で眠りこける場合、首がガクンガクン揺れて首の筋を痛めてしまったり、隣の人にもたれかかってしまったりする場合がある。まあ、もたれるくらいいいんだけど。まあ、そういうことなく、深い休憩を味わえるのがよいところだろう、と思うのである。

僕の全ての文章に言えることなのだが、この文章もまた、ただ僕の思いつきであり、たかだか参考程度に捉えてください。