くうねるところ

ブログとは、そもそも読まない、か、読み流すものである(と俺は思っています。)

あらためまして

このところ、あたしの精神はやや鬱屈し始めている。あたしを取り巻く、ありとあらゆることがらをどうでもよく感じる一方、この世界に大した働きかけをしていない自分自身にうんざりとする。鬱のように、ただなにもやりたくない死にたい、という気持ちではなく、ただひたすら自己嫌悪に陥る感じ。こういう時は何かなんでもいいから取り掛かったほうがいい、何かしらか今の自分にとってできることに取り組んだほうがいい、と経験的に知っている。第一に、気持ちが紛れるし、第二に、活動を通して気持ちや精神や知性が少しずつ変化していくから。

というわけで、あたしは今、たかだか一週間ほどの休止から復活しようと思っている。ブログの話である。ブログ以外にもやりたいことはあるから、そちらも並行して推進していく。自称を変えたのに、特段の意味はない。自称は変わっているけれど、用いる語彙や言葉回しに変化はないし、考え方も根本的には変わらない。あたしが、あたしを、あたしと称するのはいわば趣味のようなものだろう。

ただ、やはり、一週間の休止は自省を呼び起こした。端的に言って、これまでのあたしの文章は、ただ、ただ、自分の正義(観)を他者におしつめけるための文章に過ぎなかったのではないか?そのような思いに駆られている。そして、そうした思いが、先ほども書いたけれど、自己嫌悪の感情へとつながっていく。ああ、あたしは愚か者だ。ただのエゴイストだ。なんだこの文章群。バカじゃないのか。そのような思いに駆られる。とはいえ、それなりにまともなこと、我ながら、誇らしくなるようなアイデアもこれまでの文章中に散見されている。

これは、あたしの特徴なのか、それとも、多くの人々に共通する性質なのか、不明なのだけれど、文章を書けば書くほど、自分の世界に没入していく感があった。つまり、あたしは正しいことを書いている。私の書くものに興味を示さないなんてみんな馬鹿だ、そのような感情包まれ、それゆえ、さらにエゴイスティックで、押し付けがましい文章を書き綴るようになる。

それはそれでよいのかな、とも思う。あたしの、あたしという世界が文章の中に生まれただけなのだから。でも、この世界にとどまり続けることは、なぜだか辛い。ここからはやや自分本位な自己分析になるのだけれど、「あたしは世界を変えたい(なぜならばこの世界はくそったれだから)」→「だから、だけど、あたしの書く文章は自己中心的正義を振りかざすようになる」→「そんな文章じゃ世界は変えられない(他者に通じないからだ)」→「自己中心性を抜け出さないと」→「でも、その動機はそもそも世界を変えたい(世界のあり方をあたし好みに変えたい)という欲望だから」→振り出しに戻る。このようなサイクルの中にあたしはとらわれている。

なにはともあれ、あたしはもう、自分の正義(観)の押し付けはやめたいな、と思っている。あたし自身、日々考え方は変わっていく。過去に書いた正義を押し付ける文章を読み返すたびに、自分自身が書いた文章にも関わらず、そんなことあなたに決めつけられたくないよ、なんて思ってしまうほどなのだ。このまま、じゃ、よくない。あたしは、ブログを再開するにあたって、もっといいかげんに、社会や世界を捉えよう、と思っている。言い換えれば、あたしはもう、無理に世界を変えたい、などと思わない。

そのこととも関係するのだけれども、文章の量自体も減らしていくつもりである。書いて書いて書きまくったりしない。なぜならば、このブログは、ただあたしの精神状態を落ち着けるためのツールに過ぎないからだ。あたし自身が日々感じているこの世界に対する違和感を、一応、形だけ吐露する場なのだ。もちろん、それ以外の機能も担わせるつもりではあるけれど、一面そのような場なのだ。となると、これはもはや、ただの精神衛生上の習慣に過ぎない。となると、第一に、あたしの気持ちが静まっていれば、それ以上、このブログ上で文章を書くことはないのである。

あたしは今後のこのブログにおいて、1)あたしの精神を平静に保つこと。2)この世界や社会に対して不可解な点を一応指摘すること。3)あたしなりの世界や社会の変え方を提案すること。4)あたしなりの新しい知見を提示すること。この四つの役割を担わせていこうと思っている。今のところの予定としては、思いついたたびに記事を書き、一日にいくつもの記事をアップするというのではなく、一つの記事内でいくつかの項目を掲げ、その項目ごとにその時思いつくことを率直に綴っていこうと思う。イメージはタブロイド紙瓦版。

ちなみに、あたしは過去に書いた文章に対し一切の責任を負わない。