こっち

新しいブログを別サイトで始めた。棲み分けが必要だ。こんがらがった毛糸をぶちぶちとちぎって、あっちとこっちにわけよう。こっち側。

金について

金という概念について。その拡張。

 

1)そもそも、金に、価値を貯蔵する効能など、ない。

価値が宿るのは、価値のあるものである。あたりまえだ。

米を長期間保存しておいても、食料としての価値は減じない。

なぜか。米に価値が宿り続けているからだ。

 

2)となると、金的な機能を果たすものはかにも金だけではなくなる。

例えば、子供。例えば、男。例えば、女。

ここでは、動員数=金ってことになる。で、事実そうなのだ。

 

 

3)そのように考えると、この世の中は、いかに金(子供、女、男等々)が独占されているか?目を瞠るものがある。

 

それでいいのだろうか?

それでいいのかもしれない。

でも、やっぱり、それじゃあかんようなきもする。

どっちなのかは知らんが、一歩立ち止まって勘案すべきである。