こっち

新しいブログを別サイトで始めた。棲み分けが必要だ。こんがらがった毛糸をぶちぶちとちぎって、あっちとこっちにわけよう。こっち側。

ふっと思ったこと 証明写真

ふっと思ったこと

 

「履歴書に証明写真っていらないよなあ・・・」

 

ということ。

 

面接なり、実際の仕事なり、直に顔を合わせて見知るんだから、わざわざ事前に写真を見る必要なんかないよなあ・・・と私思った。

 

それこそ、履歴書提出と採用面接がほぼ同時の場合など、写真など貼ってあるだけ無駄だろう。

 

「なぜ、そんな無駄な証明写真がさも当然のように流通しているんだろう・・・?」

 

「無駄だなあ・・・」

 

なんて、スーパーに置かれた証明写真機を眺めながら思ったわけです。

 

この世は無駄で満ちている。空集合のようだ。

 

さておき。

 

明治時代とか、大正とか、昭和の初期とか、それほど写真機が一般的じゃなかった頃、わざわざ証明写真など求められはしなかったろう。そもそも、なにを、「証明」したいのだろう?パスポートや身分証明証の作成時ならいざ知らず、たかが仕事の採用面接で、一体何を証明するのだろう?五百円が無駄だぜ、と私は思う。五百円あったら、小学館のペーパーバックが買えるぜ、と私は思う。

 

常識って99%不要なんじゃないかなあって思う。

 

そういえば、今日は世界の変え方についても考えた。粗筋のような答えは見つかった。いずれブログで共有するよ。誰だって世界は変えられるっぽい、私の理論によれば。