ふっと思いついたこと 買い物

「仏教なんて、そんな好きじゃないよ」

と、そんなつぶやきをふっとつぶやきたくなった。

 

それはさておき、ふっと思いついたこと。

それは、近所の大型スーパーで買い物をしていた際に思ったこと。

目の前に並んでいた女性の買い物かごを眺めながら思ったこと。

 

「もしかして、この人は子供を黙らせるために買い物をしているのかもしれない」

 

ってふっと思ったのだ。いらぬお世話かもしれないな、って我ながら思う。

それに、人の買い物かごを気にする癖もそろそろ脱却したいなあ・・・とも。もう、他人のことをあれこれ考えるのは、うんざりなのだ。私の忠告など、きっとだれも耳を傾けないだろうから。そんな金儲けが大事なのかな。

 

「このお菓子も、このバナナもこのレトルトもこの冷凍食材も、子供が『お母さん腹減った』ってつぶやきを黙らせるための予防するための道具なんだろうなあ」

 

って冷めた気持ちで考えていた。

 

「このバナナは子供が夕飯を待ちきれず、ぶーぶー言った際に食わせるものなのだろうなあ。この冷凍食品は子供が『もっとおいしい弁当がいい』とか文句言わないように、買うんだろうなあ。このお菓子は」

 

まあ、その時はそこまで具体的には考えなかったけれど、おおよそそのような予想がついた。これまで、どうしてお母さん世代の人たちがお菓子や冷凍食品ばかり購入するのか謎だったのだけれど、子供の文句を予防するためだったのだ、とその時腑に落ちた。

 

あくまで、私の考えである。

 

スーパーで購入する食材は、子供を黙らせるためではなくって、子供の成長や生存のために選んでほしい。

もしくは、自分たちの成長生存のためでもいいけれど。

 

うーむ、以上のような文章を書いていて気分が暗くなった。私は子供の頃、おばあちゃんやおじいちゃんが好きだったのだ。でも、この頃、クソの塊のように思えてきて寂しい。私が老人をうんこ袋と思うのは私の勝手だ、私が勝手に寂しがっていればいいだけだ。うんこ袋どもが負い目を感じたり、する必要はない。そもそも、うんこ袋っぽくない老人もいるっちゃいる。

私だって、側からみたら、うんこ袋に見えるのかもしれないし。

 

話は変わるけど、大型スーパーって嫌いだ。

 

場所が広い癖に、クソみたいなものばかり売っている。うんこ展覧会だ。場所が広いからほしいものを探すのに時間がかかるし、レジだって、待たされる。うんこだ。

 

レジ袋を有料化した結果「袋はご入用ですか」って質問が増えて、その分時間を食う。完全なシステムはないってことか。知らんけど。

 

いつになったらコンビニやスーパーのアイス冷凍食品コーナーにフタがつくのだろうか。日常的な電力の浪費を抑えることと、原子力発電所を含め、これ以上発電所なんかいらないし、そもそも今ある発電所も減らしてよって主張は繋がっている。日常と政策決定はきっと繋がっている。少なくとも、私たちの政治的判断は、日常の生活を離れて説得力は持たない。

趣旨替えもしないで、首尾一貫しない奴はくずだよ。