ノートを破こう

ノートを破くと、たぶん、いいことがあるように思う。

 

というのも、ノートって一種の自己緊縛のツールかもしれんからだ。

 

(理由:ある種の思い込みなしに、ノートってつくれないからね)

 

適当に作って、適当に破ったらいいんじゃないかなあ、と私はふっと思ったわけです。