こっち

新しいブログを別サイトで始めた。棲み分けが必要だ。こんがらがった毛糸をぶちぶちとちぎって、あっちとこっちにわけよう。こっち側。

日記 36 「ずるい」って何か

以下の文章は、ようわからん文章かもしれない。

 

障がい者福祉について。続き。ただ、半ば箇条書きである。というのも、某は、今、軽く鬱状態になっており、頭の芯の方がぼうっとしているからだ。

身体障害者の介助について。

身体障害者の介助に携わることで健常者が身体を壊すことがある。これってなんなんだ。

(と言っても、身体障害者にとって移動時や姿勢を変える際の介助は必要である。なんというか、某は、ただ、この現状がよくわからないだけだ。

本音を言えば、好きな相手の介助なら喜んでやるが、好きでもないやつは放っておきたい。それでいいじゃないか、って思いがある。)

・知的障がい者が食べ物を喉につまらせた。

なぜ彼女が食べ物を喉に詰まらせたか。それは彼女が食欲の塊だったからだ。彼女が悪い。彼女が自身の嚥下能力を考慮せず、ばかのようにたくさんの食べ物を飲み込もうとしたからだ。彼女が悪い。

救助措置、応急措置は取らねばならない。けど、彼女が悪いのだ。職員が心を悩ませることはない。でも、なんなんだ、この空気は。どうして職員たちは彼女の母親にぺこぺこ頭を下げている。彼女が悪いのに。

彼女が悪いから、喉に食べ物を詰まらせて死にそうになった。けど、応急措置でことなきを得た。よかったね。で済ませばいいじゃないか。

 

ようわからん。

 

多分、僕は、「他人の命にそんなに責任は負えないよ」って思いがあるのだと思う。所詮みんな最後には死ぬんだし。

 

障がい者福祉について回る倫理観とか、社会活動が、僕にはよくわからないのだろう、と思う。

 

まあ、これを言っちゃおしまいだってことを最後にいう。というのも、これを言っちゃおしまいだって思っているのは世間の方で、僕自身はそう思わないからだ。ここから始めるしかない。

 

「なんでてんかん発作の障がい者は発作時周囲にいる職員どもにちやほやされるのに、僕が苦しい時は、僕一人でなんとかしなくちゃいけないんだ」

 

悔しいのか羨ましいのかよくわからない。

 

が、その一方で、僕自身が苦しいのは、僕自身でなんとかしていかなきゃならんことなんだよなあ、とは思う。その方がきっとうまくいく。

 

おそらくなのだが、てんかん発作時にちやほやする方がちょっとおかしいのだ。何かしら条件が揃わない限り、てんかん発作で人は死ぬことも怪我をすることもないのだ。(例えば入浴時の発作、自動車、自転車運転時の発作などは死へ繋がるため配慮が必要だけれど、寝ている時に発作がきたからと言って死にはしない。)

 

羨ましかったのだろうなあ、と思う。ちやほやされる障がい者が羨ましかったのだろうなあ、と思う。彼らにだってというか、彼らにはたくさんの不自由があるわけだけれど、羨ましかったのだ。まあ、それだけ。

 

障がい者の権利運動って本当に一枚岩なのか?疑問。当たり前のように一枚岩じゃないだろう。けど、「当事者」って言葉とか「仲間」って言葉とかを彼らは用い、まるで、一人一人の活動家が全ての障がい者のことを思っているみたいに振る舞う。

けど、本当かよ?

本当のところどうなんだ?

みんな幸せの「みんな」って、とどのつまり、「障がい者」じゃないか。まあ、そういうもんだよなあ。とは思う。

 

ずるい。

なんなんだこの感情は。

別に欲しくもないものを欲している。

ゴミを求めている。

ずるい。

なんだ。

 

攻撃的な感情が沸き起こるが、その攻撃的感情を俯瞰している僕もいる。全てに対して馬鹿馬鹿しいと感じる。

 

ずるいぞこの野郎、という感情を誰かにぶつけたいみたいだ。いや、違うなあ、ぶつけたいわけでもないし、誰かである必要もない。ただ、僕は、ずるいぞこの野郎と思っているだけだ。

 

人間関係って恣意的だから、なんとなーく、ずるさを感じてしまう。

人間が人間的になればなるほど、その人間的な振る舞いって恣意的だから、そんなのずるい、って感じがしてしまう。ちなみに、ここでいうずるいってのは、ハンターハンターのゴン・フリークスの台詞でもある。

人間関係の総体をある一角度から眺めると、「ずるい」と思われるのだ。けど、それは、人間関係の総体をある一つの角度から眺めた結果だ。別の見方もあるし、別の見方は無数にある。

とはいえ、このように、新しい道を発見した風を装いながらも、なあんにもかわっちゃいない。

 

人間関係ってずるいのだ。

 

けど、同時に、人間関係をもってして「ずるい」なんて概念を作ってしまった人間ってのも、不可思議である。それは自我が存在することだけじゃ説明がつかない。

 

その一方で、「ずるい」って言葉で、人間活動の大半が説明されてしまうのも事実だ。パンフレットや広告などが特にそうだ。特に「ずるい」。別に僕は少なくともここでは、彼らの「ずるさ」を告発したいわけじゃない。ただ、何がしかのパンフレットなり広告を作成すると自然、「ずるさ」が醸し出されるという事実を指摘したまでだ。

「ずるい」ってなんなんだ。じじいが孫を可愛がるのも「ずるい」である。となると何でもかんでも「ずるい」になる。

 

話というのは中途半端に終わるから面白い。終わり。