こっち

新しいブログを別サイトで始めた。棲み分けが必要だ。こんがらがった毛糸をぶちぶちとちぎって、あっちとこっちにわけよう。こっち側。

たぶん、これなら東大いけんじゃねえかなあ、という俺の学習プラン。

小学校時、しばらく通学し、退屈になった時点で、

小学校をやめます。

やめて何をするか、好きなだけ遊び、好きなだけ学びます。

退屈になったら気ままに登校したらよろしい。図書室だけ利用するとかでも、ね。

ただし、一日2時間は歩くこと。健康のためにね。

 

中学校時、とりあえず、初年度は味見がてらすこし通って見ます。

退屈になったら、即やめます。教科書などはタダでもらって活用しよう。いらなくなったら破って捨てよう。

可能なら、実力のある武術家に師事します。

気ままに遊び、好きな本だけ読む。(本が嫌いな場合もあるだろうが、この世の中には、ほとほとたくさんの本がある訳である。根気よく探せば、面白い本が見つかるはず。)

 

高校時、とりあえず、腕試しに受験だけはして、入学はしません。いやしてもいいかな、でも制服とかは買わなくておっけー、飽きたらやめるのだから。小中の制服ランドセルもいらんだろう。

で、高校と同時に、放送大学に入学します。文部科学省が一枚噛んでいるのが癪だが、授業は面白いのでよかろう。日本国における最大級の飛び級です。たぶん(確か千葉大学は高校二年でも受験できた気がするけど、たかだか一年の飛び級じゃあね)。

 

で、バイトとか、海外旅行とか、いろいろしながら、数年かけて卒論の執筆。

 

で、サクッと高卒認定資格試験を取得。試験対策といらないです。日常的に本を読んでおけば余裕だろう。

 

で、AO入試ってやつ?東大のAO入試を受けて、これまでの経歴を率直に語る。

放送大学での卒論のできにもよるだろうが、「こいつは中な知的水準が高い受験生がやってきた」と審査側も大盛り上がりになるのではなかろうか。

まあ、語学数学等の基礎学力は並行して養成しているという前提で。

 

ちなみに、東大にAO入試があるのかは知らん。そもそもAO入試の意味も知らん。自己推薦ってことでいいんだよね?

 

うん、完璧な計画だ。真似していいぜ。

 

わははははははははは。

最後に意味なく高笑い。

 

68